女の人

様々なケースのトラブルに対して司法書士はあなたの力になる

問題が深刻化する前に解決

夫妻とスーツの女性

大阪では、遺産相続に関するトラブルが多く見受けられます。早急に問題解決するためには、弁護士事務所に依頼することが重要なポイントです。いつトラブルが起きても冷静に対処できるように、暮らしに関する法律に関する知識を持っておくことも大切です。

詳しくはこちら

弁護士と司法書士の違い

弁護士

かつては不動産などの登記手続きを専門にしていた司法書士ですが、現在では民事訴訟などの対応も行なっています。私たちの身の回りで起こりえる、埼玉県内での不動産の売買や贈与に関するケースや、法人向けの起業サポートや事業継承などの手続きまで幅広い事例に対して、サポートをしてもらうことができます。借金の問題や、離婚調停の相談まで、問題を抱える全ての人の力になるのが司法書士の仕事です。お金の貸し借りに関するトラブルや、請負料金の未払い問題など、様々なケースでの金銭トラブルにも対応しており、埼玉で増加傾向にある悪徳商法の被害相談なども行なっています。少額訴訟の場合では、司法書士に依頼したほうが、少額の着手金で裁判手続きを依頼することができます。弁護士の司法書士の大きな違いとして、取り扱う案件の規模が挙げれます。弁護士はいかなる規模の問題にも対応でき、億単位の訴訟案件に関しても対応することができます。いかなるケースにも対応できることから着手金が高くかかってしまうのです。離婚を行なう際の、慰謝料や養育費に関する手続きも、埼玉の司法書士事務所に依頼することでスピーディーな対応が期待されます。ですから、離婚協議後に起こりえるトラブルも未然に防ぐことができるでしょう。埼玉の司法書士事務所では、無料相談窓口を解説している会社も多く見られますので、あなたがサポートを必要とするときに活用することで、その力を存分に発揮することでしょう。

解決事例で学ぶ

裁判

名古屋で弁護士に依頼する問題事例として、金銭トラブルや交通事故の示談などが挙げられます。様々な問題に早急に対処するためにも、解決事例を把握することが大切なのです。

詳しくはこちら

事務所選びのポイント

説明

遺言書や相続税申告に関する手続きは、トラブルを防ぐためにも早急に行なう必要があります。税理士に依頼する際も、各社の特色を把握することで、正確な選択を行なうことができるのです。

詳しくはこちら